はっきり見える色はどっち?(微妙な広告)

はっきり見える色はどっち?(微妙な広告)

某サプリメント販売のLP(ランディングページ)ではっきり見えるのはどっち?と言う宣伝文句がありました。目に効くサプリを販売しているのですが、「60代で緑がハッキリ見えたら危険!」だそうです。

皆さんはどちらがハッキリと数字が見えますか?

ハッキリ見える色はどっち?1|広告屋のつぶやき

もし、緑のほうの数字がハッキリ見えると危険なので「ここで売られているサプリを飲んで!」みたいな販売商法です。でも、安心してください。上の画像だと緑のほうがハッキリ見える人が多いはずです。

次に下記を見てどちらがハッキリ見えるでしょうか?

ハッキリ見える色はどっち?2|広告屋のつぶやき

今度は赤のほうがハッキリ見える人が多くなったはずです。
これは色の問題ではなく組み合わせている明度の差なのです。

最後にこれはどちらがハッキリ見えるでしょうか?

ハッキリ見える色はどっち?|広告屋のつぶやき

 

大半の方が黄色になったはずです。
こんな感じでさじ加減一つで見えやすい色は変わりますのでご安心ください。

ハッキリ見えるからと言って自分の目が悪いわけではありません。

●他インターネットやデザインの情報はこちらへ

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ
にほんブログ村 デザインブログ 広告デザインへ
Top