Windows liveメールのフォルダ構成を維持しての引越し

Windows liveメールのフォルダ構成を維持しての引越し

Windows liveメールの引越しで自分で作成したフォルダ構成を維持しながら引っ越す方法やバックアップの方法を掲載しております。

例えば、Windows liveメールで100フォルダを自分で作り、新規のPCでWindows liveメールをインストールをした場合、通常のメール保存では受信トレイに数千ものメールが保存されてしまいます。これらを回避するには、自分のPC(参考例:Windows7)の以下までいきます。

Windows liveメール インストール先

あとはこのフォルダ内をすべてバックアップしておきます。
これを新規でインストールしたPCにコピーをすることで復元することができます。

その後にWindows liveメールのルール設定でお知らせしたファイルを実行することでA・Bの二台のPC間で同じルール、同じフォルダ構成にすることができます。

コピーした際にWindows liveメールが起動している場合は再起動をかけてください。

 
森 二朗
森 二朗
株式会社トータルセオリー 代表
ウェブ・グラフィック・建築のクリエイター
バリューサービス
Twitter:@Jiroumori

Top