女性の顔を美人にする

目のリタッチ
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

ご依頼いただいた広告作成する際、お客様に「プロフィール写真は載せますか?」と問うと、「載せたいけど悩むところ」とお答いただく方がいます。

とくにお客様が女性の場合、自分の写真うつりを気にされるお気持ちはわかります。実物より写真になると何か気に入らない。たまたま、仕事が忙しくて疲れ顔になっている方などもいらっしゃいます。こういう方の場合には、自分のお気にいり写真(過去のものでも紙面のものでも何でも良い)を1、2枚を見せていただき「では、これ以上のものを再現しましょう!」と言うことにしています。

顔のリタッチは合成(美容で言う整形)ではありませんので、女性がお化粧するのと同じことです。ですが、ただの化粧ではなくプロのスタイリストにデジタル化粧をしてもらうと考えてもらうと安心です。

下記は目をリタッチした写真です。
目のリタッチ
下の写真がビフォー、上の写真がアフターとなり、まつ毛、眼球、目の輝きの3点にリタッチをくわえています。

顔のリタッチする部分

この他に顔のパーツである

  • 肌のツヤ、ハリ、色味
  • シワの軽減
  • 吹き出物の除去
  • 髪の艶
  • 無駄毛の処理
  • 唇のつや
  • 歯のホワイトニング

などを性別、用途、年齢に応じてケースバイケースでおこなっていくことで顔も表情もどんどんよくなります。

下記の写真は当社で先日、写真撮影もおこなった女子中学生さんです。今回は清潔感のある仕上がりにしています。

女学生 モデル撮影
また、「写真撮影となると写真スタジオに行かないと駄目だ!」思われる方もいらっしゃいますが、広告のデザインや用途によってはスタジオ撮影をする必要はありません。

私たちは写真を使用する 広告やデザインを取り扱うプロ です。用途に応じて、どういった写真が適するかの判断がつきます。 ですので撮影スタジオに行くことに迷われた方に是非ご相談ください。

森 二朗
広告、パンフレット、Web制作のバリューサービスを運営しています。店舗から官公庁、企業様に至るまで様々なお仕事に携わっております。
Top