洗脳された人は聞く耳を持たない

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

洗脳されたクライアントさんはどんなに正しい意見を伝えても聞く耳を持たない。

言い方は悪いがワンパターンの手法で1人がやると全員が同じ手法をする。その手法をさも正解のように広告屋(私)に説明してくれるのです。
これを不思議に思い、こういったことを話せる上記の業種の方に質問をしてみました。
「なぜ、この業界の人は同じことをやりたがる?」
具体的な内容は伏せますが、そこには洗脳者がいて「●●すると成功しますよ」と伝えられる。だいたい想像通りの内容でした。

では、洗脳された人に別の考え方を受け入れてもらうことができるかと言うと答えはNOです。できないわけではないが、通常の5倍の労力がかかるはず。

私が某政党の衆議院選挙戦の仕事をしたとき、最初に政治家さんにアドバイスしたことは「目標となる有権者を得るには、まず、洗脳された有権者を除外する」ということからはいりました。統計的に多い有権者を除外してしまうので関係者からはクレームがつきます。

しかし、クレームをつける人たちに言いたいが「では、30日間でAさんの信者をBさんの信者にする方法を教えてください?」こんな質問をすると「ポスターの顔写真をもっと笑顔にする」、「駅前演説を増やす」なんて、まったく本質を理解していない答えが返ってくる。

そもそも、Aさんの信者がBさんの演説を食い入るように聞くわけがない。わかりやすく書くとジャニーズの追っかけを30日でAKBの追っかけにさせる方法を聞いているのと同じ。

つまり、短い選挙活動期間では、この人たちの洗脳を解き放つことはできない。

洗脳者というのは、敬愛する人が犯罪者になろうが「何か事情が・・・」、「かわいそう」と保護をする人たちです。この人たちに「あの人は犯罪者ですよ」なんて言えば、こちらへの攻撃体制となるわけで、その位、俯瞰で見ればおかしなことを強引に正当化する思考になっている状態です。

私の師匠はアダルトという業種で人と違うことをして5年で100億円以上の企業をつくった。また、ワタミの渡邊さんの会長室にお邪魔したときも「経営者の結果は同じでもやり方は千差万別」こんな発言をされていた。

ここではブラック企業などの世間体は無視して、経営者として成功した人か、していない人かだけに焦点をあてると、優れた経営者は似たような発想をもっている。

この人たちは、他人の言葉よりも、自分の考えで成果がだせることを知っている。その結果がクリエイティブな手法となるわけです。

最後に、二番手戦略を否定しているわけではありません。十分、戦略論の1つとして理解している。でも、全社がこれをベストプラクティスと思いこんでしまうのはどうなのだろうか。この方法は資本力で勝敗がわかれることをご存じなのだろうか。

各企業は事業内容は同じでもポリシー、構成員、資本力、プラットフォームが違う。違うものは違うなりの何かを考えないと。書きたいことはこれ。

広告、ウェブ、グラフィック、建築のことなら バリューサービス
Twitter:@Jiroumori

森 二朗
広告、パンフレット、Web制作のバリューサービスを運営しています。店舗から官公庁、企業様に至るまで様々なお仕事に携わっております。
Top