閉店と開店を繰り返す下北沢(その1)

閉店と開店を繰り返す下北沢(その1)

下北沢はお店だらけ。
土日には人が溢れている。
お店は新規参入店が後をたちません。
ですが、オープンするお店の裏には閉店するお店があると言うこと。

私は起業準備中の頃、某飲食企業の経営者さんに、それまでの企業人時代のスキル(NTTドコモのコンサル業務)を見込まれ、起業準備期間中限定で商圏分析の仕事(嘱託)をやっていました。具体的にはアサヒビールさんが大きな範囲でエリア分析をおこない、そこから、私が小さい商圏に絞った詳細な分析をおこなう仕事です。

現在、私はこの仕事をやっておらず、当初からやりたかったデザイン事務所をこの地でおこなっていますが、広告制作で関わらせていただいたお店の中で、唯一閉店になってしまったのが下北沢なのです。

だから、下北沢は鬼門なのです!

現在の広告業では、既存のお店やすでに開店が決まっているお店が対象となるため、商圏や立地に関しての意見を言う機会はありません。心の中で「厳しい」と思った場合でも、すでに土台は決定していることに口だしをするのでは、たんなる評論家になってしまうだけで意味がありません。

また、弊社への仕事のご依頼は商圏分析ではなく広告ですので、ご依頼いただいたことに集中したほうが存在価値があると言うもの。しかし、頭ではそう思っても「・・・えぇ!なぜ、ココにコレを?」と思ってしまうこともあります。
なぜなら、下北沢は3カ月で閉店となる店はザラだからです。

では、何故、閉店してしまうかを私なりに書いてみます。

下北沢は人が多いのに長続きする店が少ない理由

  • 購入をしてくれない
  • 客単価が安い
  • 回転率が悪い
  • 競合が多い
  • 地代はそこそこ高い

これはお店側からすると利益の削られる5大要因です。

下北沢に来る人は、店への滞在時間が比較的に長いがお金は使わない傾向がある。何か、ケチなような印象を受けるかもしれませんが、このエリアには富裕層も多くいることから、お金がないと言うわけではなく街全体の傾向と言うか、この街の特徴と言うか、お金を使う街ではなく歩いて楽しむ場所なのです。

店側としては、客単価をあげると売上は減少し、客単価をさげれば売上はあがるが数をさばかなくてはいけない。
さらに店側としての負となるのが下北ブランドと呼ばれる地代。
こうなると飲食はFLコストが見合わなくなる。

これがいっけん優良エリアに見えても長続きしない理由です。
しかし、すべての職種が上手くいかないと言うわけではありません。
この辺のところは次回にでも。

広告クリエイティブ バリューサービス

Twitter:@Jiroumori

Top